プロフィール


井原 真吾(いはらしんご)

 

目標:HAPPYな田舎暮らしの象徴

ハイテクノロジーと里山、アウトドアと農作業、ドローンと一眼レフのハイブリッドLIFE

 

生まれも育ちも富山県上市町。幼少よりスキーと田舎暮らしを楽しむ。

都会で暮らすが里山の暮らしが好きすぎて実家に戻り、農業とチューンナップ業に従事する。


History

国体出場レベルのアルペンレーサーだった父の影響で幼少より競技スキーに関わるが「やらされ感」が強く、すっかりスキーが嫌いになる。

 

2001年 夏は農業の冬は父が副業でしていたチューンナップ業に携わる。冬場にバイクが乗れないのと仕事が暇だから始めたスキーが楽しくて仕方なかった。

 

2003年 名機PocketRocketとパウダースキーに出会い人生が変わるほどの衝撃を受ける。

 

2004年 ゲレンデパウダーに物足りずテレマークスキーとバックカントリースキーに出会いスキー修行の旅にでることにする。

 

県内スキー学校、ニセコ、妙高、志賀高原、八甲田山、メーカーサービスセンターなど各地でテレマークスキーバムとして滑走しつつもチューンナップやレンタルサービス、インストラクター業にご縁があり修行することになる。

 

2009年 自宅の納屋にてHAPPY開業。

 

2010年 スノースクートのカリスマ大住洋一氏と出会いスクートチューンをスタートサービスセンターでの経験を活かし、ボードの修理をスタートする。

 

2011年 PROスノーボーダー水間大輔氏と出会いパウダーボードのチューニングをスタート。

 

2013年 ステップソールスキーの魅力を伝えるためウロコ加工サービスもスタート。日本最大のテレマークイベント「てれまくり」に出展。

 

2015年 フランスでのスノースクート世界選手権にサービスマンとして同行。

 

2017年 ドローンと一眼ムービーによる映像サービスをスタート。